ご相談事例

ご相談者Qさん

会社規模:30名
業種:IT
事務部門:有(総務経理、企画)
部門責任者:有
年齢層:50代、40代、30代

現在、次世代への引継ぎを前提に会社全体の見直し、改善中です。
会社自体の事務的なこと(総務業務)は、主だって責任者である私が
行っています。給与計算、会計事務所へ提出までの処理、労務管理などです。
それらに加え、企画部の管理も行っているため
時間に追われる毎日です。
簡単な業務や作業は、パート採用をし、仕事を振ってはいくものの
引継ぎや指導、チェックを行うと、これまで以上に忙しく
なおかつ、小さな隙間が埋まらず、自分の中で、不安や不満が出始めています。

c64c7e7d5d2313d06cdb0b1b267b815f_s




ズバリ!! 診断します!
b9197dd018d94774705609ddd6866583_s

本来すべき仕事になかなか着手できない状況が続いても良いですか?!
もし、良い あるいは仕方がないというのであれば
続けておいた方がいいかと思います。

いやいや、何とならないか?何とかしたい!と望むようであれば
「見直し⇒改善してみましょう!」


例えば、
給与計算は社労士事務所(場合によっては税理士事務所)へ委託しましょう。
その際に、給与明細等の発行、送付もすべてやってもらってください。
給与計算だけでなく、従業員の労務に関わる有給管理、各種手続き(相談等も)も。
従業員の労働についての不平不満的なことも、直接、社労士事務所にて対応してもらう。
経理的なことは、徹底して、税理士事務所へ。
極端な話、決算書は社内に置かない。税理士事務所が管理。
銀行等への提出も、税理士事務所から発送なりしてもらう等。

専門的なことは専門職へお願いした方が確実な仕事をしてくれます。
してもらったことをチェックするぐらいであれば、
Qさんも余裕で出来るのでは?

パート採用ですが、何をしてもらう人なのか、明確に採用しましょう。
出来ない人3人より、出来る人1人いれば十分なはずです。
何をしてもらう人か、明確であると、必要以上に引継ぎや指導しなくて済みます。
パート採用で、あれもこれもだと、期待して終わりになります。
気をつけてください。

社内の事務処理、重複しているところはないですか?
今一度、確認してください。
必要以上に保存し過ぎていませんか?
これは、紙ベースだけでなく、データも同じです。

ここまでで当てはまる点があれば
少し考えてください。
そして、ご意見に加え、改善策をお聞かせください。

⇒次回に続く。

前の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):