ご相談事例⑵

2018年11月27日
ご相談者Mさん

会社規模:60名
業種:製造
事務部門:有(総務経理、企画)
部門責任者:有
従業員年齢層:20~60代

社歴100年の2代目です。
会社経営を含め、人事や総務、経理は、役員である私が
行っています。基本的には、給与計算はじめ経理は会計事務所へ丸投げ状態です。
庶務的なこと、雑務、電話対応、来客対応が女性事務員の仕事です。
とにかく、人が長続きしません。
毎年、新入社員を5,6名採用し、総務Gへは、そのうち2名配属するのですが
3年どころか、数カ月で辞めてしまう人もいます。
結局長続きするのは、中途採用のパートですが、
時間が短かったり、子供のことで急な休みであったりと、
先々のための仕事まで行きつかない現状があります。
いつ、人がやめるかドキドキさえあります。
幸いにして、顧客が大手であること、製造Gの体制はしっかりしていること
が経営悪化を招くに至っていませんが、
総務Gの成長が、ずっと出来ていないことが、弊社の大きな課題です。
何か良き策があれば、よろしくお願いします。


f5f2796936ec3771e7cdccbe16d8c73c_s




ズバリ!! 診断します!
256555042d44e0e7d3bcc3728843aad2_s

人をお育てになる考えはありますか?
結果論として、人は簡単に育ちません!
だから故に、育ってくると面白いのです。
もし、時間も手間暇もかけていられない!とのお考えでしたら、
一度、業務を分解し、よくみて、そのうえで、アウトソーシング化された方が良いのでは
ないかと思いますが、そうしたとしても、人の問題が100%解消されるわけではありません。
ただ、業務はスムーズに推進されるかと思います。

やはり、100年も続いている立派な会社ですから、
じっくり会社カラーの人材をお育てになる方が、より一層会社に深みが増すのでは
ないでしょうか。

そこで、今のお悩みを
いやいや、何とならないか?何とかしたい!と望むようであれば

「見直し⇒改善してみましょう!」


例えば、
Mさんがお出来になる(優秀)がゆえに
人が育てられない、人が育つのを待てないかもしれません。
人育ての部分を少し、(専門家などにアウトソーシングなり)
人に任せてみてはいかがでしょうか?
それでも、完全には育ちませんが、独自の考えや思いを
伝え続けながら、❛待つ❜というのも一つではないかと考えます。

いずれにしても、時間は使います。
自分の納得のいく人を探し続け、人がコロコロ変わり
引継ぎ等でバタバタした時間を使うのも一つですし、
じっくり、教え続けることに時間を使うのも一つです。

少し、じっくり考えてみてください。

⇒次回に続く。